よく使うコンテンツ
以下のコンテンツは会員限定です
専門部のページ
福井県公立小中学校事務職員研究会>研修部

研修部の活動

研修部は、「会員の意識改革への啓発」「人材育成のための研修の充実」を目標に活動しています。
主な活動内容は以下のとおりです。
 1.グランドデザインに基づく「研修要項」の策定
 2.研修プログラム初任者サポートマニュアルの改訂
 3.年次別研修課題に沿った研修会の企画、提案、運営
 4.正確な事務処理に資するための課題解決と成果の共有
 5.専門性と資質向上のための実践力向上の推進
 6.支部研修等の支援
これらの活動を2つのチームに分かれて行っています。それぞれの活動を紹介します。

研修計画チーム


研修計画チームでは、「研修要項」を策定し、グランドデザインが示す。「つながり行動する事務職員」の実現に向け、実効性のある研修・研修体系を設定しています。また、経験年数別研修(階層別研修)の企画・運営も行っています。


 教員対象の初任者研修(小学校教員 5/9)(中学校・県立学校教員 5/11)で、「保護者対応と関係づくり」について講義を担当しました。
 また、学校事務の実践活動を募集し、春季研究会「全体研修」では、事務ツールの工夫、地域との協働と連携についての報告をしていただきました。

人材育成チーム


人材育成チームでは、新採用事務職員の支援も行っています。内容としては、初任者実務研修や初任者サポートマニュアルの改訂で日々の業務のフォローができればと考えています。5月の初任者研修では、出勤簿整理の仕方や、対応ナビを使って保護者対応のロールプレイを行いました。


              5月の初任者実務研修では、研修部の方が
              わかりやすく丁寧に教えてくれました。
              もっとこんな時間をもって欲しいです。

               

 
ホームへ戻る
Copyright(C)2014福井県公立小中学校事務職員研究会 AllRightsReserved.